スタッフブログ

スタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

\戸建てリフォーム・リノベーション 床材は何を選ぶ?/

床材の中でも材質や種類の多さで悩むのがフローリングではないでしょうか? 専門用語やメーカーが多く「どのフローリングを選べばいいのかわからない」とお悩みの方も多いかと思います。

無垢フローリングと合板フローリングは、木質感などの見た目やサイズ、価格帯などそれぞれ異なります。無垢フローリングは天然の木材を切り出して製造されますが、合板フローリング材は合板を基材にして様々なタイプの化粧材(無垢材やシートなど)を貼ってより工業的に製造されます。

住宅雑誌やホームページでも当たり前に出てくる「無垢床」。無垢フローリングと無垢フロアといった表記もありますね。

「無垢床」とは、一本の木から切り出した一枚の板を並べて作ったフローリングのことをいいます。無垢(ムク)とは、まじりけのないことを表します。木質フローリングには、この無垢床(無垢フローリング)と複合フローリングの2種類があります。

一般的な床材・フローリングは、合板を何層も貼り合わせて作られる「複合フローリング」です。表面だけではぱっと見わかりにくいのですが、断面で見比べるとわかりやすいです。また、実際に歩いてみると質感が全く違い、季節によって肌ざわりや足に伝わる温度にも違いがあります。

挽板材の複合フローリングは、下地基材に合板を使用しています。無垢フローリング材と比較すると収縮や膨張の変化が少なく寸法安定性にすぐれています。一般的には幅広(120~150mm巾)タイプでも床暖房などに採用できる商品が多く販売されています。無垢フローリング材は、120mm(厚み15mmの場合)を越えて巾が広くなると表面が山なりに変化しやすいため無垢の幅広材を床暖房などに採用することはできません。挽板材の複合フローリング材は湿度や温度変化の環境下においても無垢材に比べ寸法安定性が優れているという利点があります。

お客様のご要望に対応させて頂きます。

ロイヤルさんのリノベでしたら無料で調査させていただきます。

ロイヤルさんのリノベは50年新築で培った実績をリノベーションに活かします。

さらに地域密着でお客様に寄り添い、高性能住宅にリノベーションを行います!

▼こんなお悩みありませんか?▼

①使い勝手が悪い間取りを変えたい
②暖房をつけていても寒くてつらい
③実家で両親と住めるようにしたい
④建替えかリフォームか迷っている
⑤家が古くなり、すきま風がひどい

「ロイヤルさんのリノベ」のコンセプトは

耐震性能2倍・断熱性能2倍・収納スペース2倍

ただ間取り変更やお家を綺麗にするだけでなくお住まいの性能をリノベーション前の2倍以上に仕上げてまいります。

古くなってきて住みづらくなってきたお家でも、「ロイヤルさんのリノベ」にお任せいただければ

新築以上に生まれ変わります!

★リノベーションモデルハウス来場予約はこちら★

山科・伏見エリアのリノベーション専門店”ロイヤルさんのリノベ”

家族のコミュニケーションを育める、健康、快適、安心に住んで頂くける。そのような素晴らしい家をロイヤルさんのリノベは日々研究し、提供させて頂きます。

【迷ったらまずは無料資料請求!】
https://royal-renovation.jp/document/
【施工事例多数掲載!】
https://royal-renovation.jp/construction/
【よくある質問はこちら!】
https://royal-renovation.jp/faq/

PAGE
TOP